着物を着るために必要なもの

知っておくと便利なもの

着物を着る時に必要な道具

例えば訪問着は、様々なシーンで着ることができる着物として大変便利なものですが、訪問着を着る際に必要なものは一体どのようなものがあるのでしょうか。
まずは、着物を着る際にも下着が必要であるので、着物の下着である肌襦袢と裾避けが必要になります。
着物は汗をかきやすく、汗が長襦袢や着物につくのを防ぐためにも必須の道具となります。
また、足袋、長襦袢、伊達締めなどが必要な道具として挙げられます。
特に伊達締めなどは、着物をきれいに着るために必要なものとなっていて、着崩れなどを防ぐ役割を持っています。
いずれの道具も、自分に合ったサイズのもの、自分にとって使いやすいもの、お気に入りのものを選び、使っていくのがよいでしょう。

必要な道具も好みに合わせて

帯は着物を着る際に必要になるもので、自分の好みの帯を持っているという方もいらっしゃるかと思います。色、柄などは場面によって変えるのがいいかもしれません。
帯と一緒に使うのが帯枕を包むために使う帯揚げで、帯揚げにも平組みなどの様々な種類があります。
そのほか、長襦袢の衿に着ける半衿、重ね衿など、衿元を整えるための小物がいくつか存在します。いずれの道具も、着物の汚れ防止、装飾を目的として使われます。
あとは、草履とバッグが必要になる場合がほとんどです。
訪問着を着てどこかに出かける場合には、草履と着物に合うバッグを用意しましょう。
きちんと場面に即したアイテムを一緒に身に着けることで、よりコーディネートを楽しむこともできます。