着物を着るために必要なもの

着物の着方を知ろう

着物を着る過程で使う道具

着物を着る過程において、使わなければならない道具がいくつかあります。
例えば衿芯は、衿の形をきれいに保つために必要な道具で、長襦袢の衿に差して使います。
衿をきれいに保つことで、着物全体の形を整える役割も持ちます。
このように、着物が着崩れないように形を整えておくための道具がいくつかありますが、帯枕や帯板、腰ひもなどがそれにあたります。いずれも、帯枕と帯板は帯をきれいに結び、しわができるのを防ぎ、着崩れを防ぐためのもので、腰ひもは襦袢や着物の丈を維持するために腰に結んで固定するためのものです。
その他、タオルなどは着崩れを防ぐために必要になる場合が多いですので、必須アイテムといってもいいかもしれません。

着物を着てみよう

では、数々の道具を用いて着物を着てみましょう。
まずは最初に足袋を履きます。最後に履いてもいいのですが、最初に履いておくと最後に着物が着崩れるのを防ぐことができます。
次に肌着をつけます。和装用のブラジャーなど、あると便利なアイテムも多いので、調べてみてください。
タオルなどで補正をしつつ形を整えていきます。
そして長襦袢を着ます。着物を着る前にここでもしっかりと形を整えておきましょう。
そして着物を着て腰紐を結び、伊達締めを締めます。最後に帯を締めて、完成です。
ポイントは、いずれの段階でも形をしっかりと整えておくことです。着物の着崩れは直すのが大変なので、着崩れを防ぐためにも丁寧に着ていくことが重要です。